悩みを持つ親子の対策はオープンとクローズの使い分けも大切

家庭内の悩み事の中には、親子が一緒に解決しなければ鳴らない内容が多く含まれています。事例としては子が学生の場合は不登校の問題も珍しいことではなく、できるだけ早急に解決したいものです。不登校を悩みにしている場合では、古い時代のように親が無理矢理に子を学校に通わせるような行為は避けた方が賢明です。なぜ学校に行きたくないのか、その原因はどこにあるのかを親子が一緒に話し合いを設けることが何より大切ではないでしょうか。時には命の問題につながってしまう恐れもあるので、話し合いを十分に行って、悩み相談を親が自らすることが肝心です。不登校の理由によっては親が働きかけをすることで解決できる場合もあり、学校の教員と親が話し合いを重ねることで改善できる可能性も否定できません。もしも、イジメ問題などが発生している場合は、市の教育委員会に相談したり、イジメの内容次第では警察に通報しても良いでしょう。しかし、不登校の悩みは一発解消しようとして親が急いでしまうことは避けることも必要かもしれません。大事にしてしまうと原因を排除したとしても子本人が学校に行きづらくなる可能性もあります。そこで大切になることはオープンとクローズを上手く使い分ける方法です。子に親しい友人がいれば切実な思いを告白することで応援してくれる可能性もあり、その輪が広がることもゼロではありません。血の繋がった親類などが身近にいれば、オープンにして話をすることで本人の気持ちが楽になるということもあるのではないでしょうか。近所に対してはクローズで構わないケースも多々あります。本当に親しくしているご近所さんであればオープンで話をすると励ましてくれる場合も多いのですが、完全にオープンにしてしまうと噂話のネタにされてしまい、結果的に家から出ることさえ嫌がるようになる場合も想定できます。親子や友人、親類やご近所さんなどで悩みを解決できない場合は、生活関連の悩み事を専門に受け付けしている機関があるので、最終的にはこの方法を選択しても間違いではありません。